M-1優勝一ヶ月後の貴重な音声! 『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』2008年1月15日放送アーカイブ公開

 

芸能事務所『グレープカンパニー』が管理するYouTubeチャンネル『grapecompany』内に『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』2008年1月15日放送分のアーカイブが投稿されました。

 

この番組が放送された当時は、今から10年以上前。

サンドウィッチマンが『M-1グランプリ2007』で敗者復活からの優勝を果たした直後です。

 

冒頭やトーク中盤でも、M-1きっかけで一気にブレイクした事での疲れを訴えていたり「なんとかしてブレイクの波を下げなくちゃいけない」と発言したりと、芸能界へまだ慣れきっていない様子が見え隠れします。

 

かと思えば伊達が突然「まつむら!」と発言するだけの内輪ネタらしきものが聞けたり、テレビ番組『とくダネ!』密着取材で仙台へ凱旋した話や「これから、仙台のものを全国に紹介していくよ!」と言って全国区のタレントとしてリスナーへ郷土愛を伝える場面があったりと、現在のサンドウィッチマンと変わらぬ部分を再確認できたりする場面も。

 

『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』自体は現在も放送されているものの、当時は『fmいずみ』をキー局に極めてごく一部の東北圏コミュニティFMで放送されていた番組です。

事務所で録音を行っているため収録環境が良くないのか、途中で謎のノイズが入ったり、何かが崩れ落ちる音が聞こえたりしています。

簡素なマイクに向けて喋る二人の姿を、今の一流タレントとなったサンドウィッチマンからは、ちょっとイメージできません。

 

売れていった過程にある、ブレイク直後のサンドウィッチマンのラジオ。

改めて、聴き返してみましょう。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『【公式】サンドウィッチマンのラジオやらせろ!傑作選【2008 01 15日放送】
・チャンネルURL:『grapecompany

 

あわせて読みたい