GOLF「俺をNSC落としたやつマジで尊敬してます」 金属バットのラジオバンダリー最終回

 

よしもと大阪所属の芸人、金属バットがYouTubeに公開していたWEBラジオ『金属バットのラジオバンダリー』の最終回がアップロードされました。

 

これは2018年9月9日、大阪あべのロフトにて行われた『金属バットのスーパー大B反市』内で開催された公開収録。

5年間続いたラジオの最終回を見届けようと、会場には多くのキャンディホイップが詰め掛けました。

 

「にあい斬り」

「はじまり~、はじまり~」という友保の第一声から始まった、今回の公開収録音源。続いて、

 

「ラジオバンダリー、最終回ですね。281回、でしたっけ?」

「お、にあい(281)斬り」

 

という、書き起こした瞬間に面白さがゼロとなるお馴染みのくだりを披露。

 

「それ、181回のときも言うてた?」

「居合い斬り、言うてたんちゃう?」

 

と、ぼんやりとこれまでの歴史を振り返る形で今回の収録は始まりました。

 

なお、念のため181回を確認したところ、

 

「181回……」

「いあい……」

 

と、力の無い声で呟いていました。

 

突如として入る謎の呼吸音

前回の動画から約3週間が経過して収録された、今回の最終回。

 

「なんか、久々やね」

「前、一回「最終回します」言うてから、けっこう空いてるからな」

「最終回詐欺、してたな」

 

と、WEBラジオをあべのロフトで収録する行為そのものに落ち着かないのか、なにやらそわそわした様子の金属バット。

 

かと思いきや友保が突然、音声だけでは謎の呼吸法を試しているようにしか聞こえない動作を行い、小林は、

 

「俺の知らん自殺の方法やんけ」

「ボクシングのラウンド終わった後やんけ」

 

と心配した様子を見せます。

 

その後の解説で最終回を悲しんでいる所作だったとわかるのですが、YouTubeを通じて聴いている分には、どの穴からどう空気が通過しているのか分からずじまいでした。

 

初めての公開収録は客5人

今ではグッズ販売と併設して公開収録が行われるほどの人気となった、金属バット。

 

事前のグッズ購入のときから会場にいるファンに対し、二人は、

 

「人生、そんなおもんないですか?」

「日曜ってそんなおもんないですか?」

 

と、温かい言葉をかけていきます。

 

続いて、かつて100回記念で『ライブ喫茶 亀』にて公開収録を行ったときは、お客さんが3人だったと語る小林。

 

友保が「さすがに5はおったやろ」とフォローし「一緒や」と返答。

 

「わかりやすいお笑いやで」

「みなさん学んで帰ってもらって」

 

と、見慣れないスタンディング形式のNSC公開授業に、観客からも戸惑いを隠せない笑いが漏れました。

 

中山女子短期大学の挨拶、ミルクボーイ駒場の結婚式、他

その他、会場へ挨拶に来た先輩のR-1ファイナリスト、中山女子短期大学がロフトの店員さんから邪険に扱われた話、ミルクボーイ駒場の結婚式へ出席して最終的には黒字になった話、大阪を襲った台風の恐怖をやたら愉快に語った後、ラジオ初期からの投稿者でもあるGOLF(日雇い妊婦の遠慮)も出演してのメールコーナーもあり、盛り沢山なのにいざ聴き終わると何を喋っていたかあんまり思い出せない1時間50分。

 

上述した書き起こしの内容も、開始5分しか経過していませんので、今回初めて聴く方もこの機会にぜひ。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『金属バットのラジオバンダリー 第281回 最終回
・チャンネルURL:『金属バット
・更新間隔:休止中
・投稿者Twitter:金属バット小林(@kinzokubatkb)金属バット友保(@kinzokutomoyasu)

 

あわせて読みたい