馬鹿よ貴方は新道、元・武家の女と二人で今年の『ABCお笑いグランプリ』を語る

 

サンミュージックに所属するお笑いコンビ、馬鹿よ貴方はの新道竜巳がラジオ動画をアップロードしているYouTubeチャンネル『えおあいう』に、今年の『第39回ABCお笑いグランプリ』の感想を、元・武家の女として活動し現在は芸人を引退している『ふみぱん(仮)』と語る動画が公開されました。

 

皆さんご存知の通り、今回の『ABCお笑いグランプリ』はサンダーファイヤーが優勝。

東京勢から2枠が決勝進出、非よしもと勢がグランプリの栄冠に輝くという異例の事態となりました。

 

そんな今大会に対して、新道は以前から『ABCお笑いグランプリ』を「鮮度のあるいい大会」と絶賛。

同時に「今年は特に良かった、関西・関東ともにウケていた」と振り返り、今大会の雰囲気の良さを熱っぽく語ります。

 

全体の構成に続いて個々の芸人に対する感想へ進むと、その熱はさらにヒートアップ。

「さや香が特定の審査員からの評価が低かった理由」や「東京ホテイソンが関東勢の漫才師としてウケを取った経緯の考察」など、実例を元に分かりやすく解説していきます。

 

その一方で「濱田祐太郎はR-1のときよりも髪型をちゃんと整えていた」「不思議なコメントをしている審査員がいた」など、若干の毒舌を交えつつ番組・出演者の姿勢を紹介。

もちろん、優勝者発表時の大失敗についてもしっかり触れています。

 

マッハスピード豪速球・坂巻の代打として、前回から『ごみラジオ』の出演者となったふみぱんも、グランドMCとして活躍した千鳥ノブの優しいエピソードを披露。

 

お笑い愛に満ちたWEBラジオ、皆様もお楽しみください。

 

【動画情報リンク】

・動画名①:『新道竜巳のごみラジオ第260回
・動画名②:『新道竜巳のごみラジオ第261回
・チャンネルURL:『えおあいう
・更新間隔:1週間に1~2回

 

あわせて読みたい