野性爆弾くっきー、テンガエッグを頭に装着して『ツイン・ピークス』記者会見に出演

 

2018年6月27日、東京のスペースFS汐留にて行われた『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』のBD&DVD発売イベントに『野性爆弾』くっきーが登場。

司会のタケトと共に取材記者たちを圧倒する様子が、芸能情報を配信するYouTubeチャンネル『maidigitv』ほか、複数のチャンネルで動画公開されました。

 

登壇の時点で既にテンガエッグ装着済み

くっきーはタケトに呼び込まれると、『ドキュメンタル』でもお馴染みのテンガエッグを装着した状態で登壇

 

「喋れるんですか!?」と笑いながら質問されたところ「喋れます、大丈夫です。このまま行かしてもらいます」と回答。

開幕から意図の読めない奇行に会場をざわつかせます。

 

「30分イベントなんですけど、30分これで行けます?」とタケトに改めて確認されたところ、数回呼吸した後に、

「……たすけて」

と救助を求め、静かに外しました。

 

恐らく史上初、テンガエッグを使用したモノマネ

「今の、なんのモノマネか分かります?」と質問を投げかけるも、そもそも何の意味があったのか理解できないタケト。

 

それについて確認すると、

ビニールに包まれた死体のモノマネ、させて頂きました」

と、『ツイン・ピークス』でローラ・パーマーがビニールに包まれ他殺体として発見されたシーンのモノマネだと説明。

 

「世界一美しい死体」と呼ばれたローラ・パーマを独特すぎる目線で解釈したようです。

 

「あ、(お笑い)ナタリーや」「僕がゴミカスみたいな人間のときからずっと来てくれてるんで」

「ツイン・ピークスは知ってるんですか?」との問いに対して、前述のローラ・パーマーのシーンをCMで見たくらいで、他はピクリとも見てないと正直に白状するくっきー。

 

続けざまに「あ、ナタリーや」と記者席で取材されていたであろう『お笑いナタリー』のライターを発見し、率先して声をかけていきます。

 

「プレスの皆さんが“え、ナタリーさんだけ特別なの?”ってなっちゃいますよ?」

というタケトのツッコミも意に介さず、

「僕がゴミカスみたいな人間のときからずっと来てくれてるんで」

と、感謝の意を率直に示していきました。

 

それにあわせてタケトも、

「ナタリーさんも会見終わりに必ず挨拶に来られる。来なくていいんですよ」

ここだけ癒着あるんじゃないかって、思われますから」

と、お互いに何のメリットがあるのか分からない謎の関係性を疑います。

 

案の定、ずっとやりたい放題のくっきー

事前に『ツイン・ピークスのモノマネをして出る』との説明があったくっきーに対し、

「服のコンセプトは何ですか?」

とタケトが尋ねたところ、

「元々は農協の帽子をかぶっていた。町の話だと聞いて、町おこしをイメージしてJAの感じで来た」

と、くっきーのコメント。

 

それが何故テンガエッグに変わったのかについて、特に説明はありませんでした。

 

その他『ツイン・ピークス』が前作から25年後の世界を描いている、という説明を受けて「時系列がある。『24』みたいやね」と他作品のドラマ名を堂々と出したり、セカンドバッグから用途不明のマラカス(落花生の形をしている)を出して「シャッター全然押せへんやん」と取材陣をイジったりと、期待通りのやりたい放題を見せたくっきー。

文字起こしだけでは伝わらない、記者会見という場で起きた狂気を、皆さんも動画でご覧ください。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『野性爆弾くっきー、ツイン・ピークスは「町おこしのイメージ」 「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」発売記念イベント1
・チャンネルURL:『maidigitv
・更新間隔:毎日

 

あわせて読みたい