超新塾、ロビンソンズ、土佐兄弟など ワタナベエンターテインメントライブ『WEL』2018年6月分動画公開

 

芸能事務所『ワタナベエンターテインメント』が管理するYouTubeチャンネル『ワタナベお笑い公式チャンネル』に、恐らく6月10日開催分と思われるワタナベエンターテインメントライブ『WEL』出演者のネタ動画が公開されました。

 

今回チャンネル内に追加された動画は、計22本。

『完熟フレッシュ』『イヌコネクション』のようにキャラクター色が強い、いかにもワタナベと思わせてくれるポップなネタから『笑撃戦隊』『プリンセス金魚』などの実力派漫才まで、幅広く楽しむことができます。

 

個人的な今回のオススメは、

「バンドメンバーの紹介をしたい」というコブラの要望を叶えるため、いつものパターンにギターを加えたロックンロール劇場を披露した『超新塾』。

「数量限定のタイヤキ屋さんで行列の最後尾に並んでいたら、自分の分で最後だった」というラッキーエピソードが、まさかの壮大なドラマに変わっていく『土佐兄弟』。

遊園地で「日常に潜むスリルを味わえるホラーアトラクション」というフレーズに釣られて乗車したものの、どうやら思っていたものと違う『ロビンソンズ』。

「もし翼が生えたら」というもしも話を相方に説明するも、その熱量がどうも違うところに行ってしまう漫才の『プリンセス金魚』。

漫才を始めるはずが、なぜか弟の落語が始まってしまう『土佐兄弟』(ショートネタ)。

日本語の解釈に対してムチャクチャな事を言い出すのものの、しぶしぶ相方の主張に付き合いはじめる『八田荘』(ショートネタ)。

卒業式の後、担任の先生のために練習してきた歌がまさかの展開へ繋がっていく『チュランペット』(ショートネタ)。

 

……などなど。

とにかく、お笑いの多種多様な方向性を見ることができるのがワタナベの魅力です。

 

公式チャンネルの総動画数は、既に900本を超えようとしています。

これを機に、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【動画情報リンク】

・チャンネルURL:『ワタナベお笑い公式チャンネル
・更新間隔:約1ヶ月に1回(20~30本)

 

あわせて読みたい