元Bコース・ハブサービス衝撃のタイツネタ「ナン」

よしもと所属のお笑い芸人、元Bコースのハブサービスが披露する衝撃の一発ギャグの数々がとても素晴らしい完成度を誇っていましたので、ここに記録します。

『オンバト』出演経験もあるトリオ、Bコースとその解散後

ハブサービスは、かつてお笑いトリオ『Bコース』のメンバーとして活動。

当時はどちらかといえば漫才のイメージが強かったですが、解散後にピン芸人・ハブサービスとして活動を始めてからはギャガーとしての能力を高く評価されることが多くなりました。

地上波の番組でも『オモバカ8』第4・5回に出演し、劇団ひとりアンタッチャブル山崎らと互角に渡り合った姿が、個人的に印象です。

(劇団ひとりが自家用車のアウディと引き換えに八百長を持ちかけるくだり、当時メッチャ笑いました)

ハブサービス主催の、タイツとギャグが戦う『ハブ1GP』とは

そんなハブサービスは、現在もギャガーとしての活動を精力的に続行中。

今でも定期的に『ハブ1GP』という、己のギャグタイツネタ同士をトーナメント方式で戦わせ続け、どれが最も強かったかを競うという、極限まで追い詰めた己との戦いの一部をYouTubeへ公開しています。

最近のタイツネタで衝撃的だったのは、当ページの冒頭に動画を貼った「ナン」。
タイトルとサムネイル画像の強力なダブルパンチは、再生前から見る者に強烈なインパクトを与えました

同系統の過去作には「焼き過ぎたタン」もありますが、ライブよりも瞬発力による面白さが強く出るYouTubeでは、やはりナンのパワーのほうが一歩上手といったところでしょうか。

またYouTubeで見るとどうしてもタイツネタの絵力が強くなりがちですが、ギャグにも数多くの名作が存在します。

個人的にYouTubeで刺さったのは『電車』と『美しい爆弾』です。

タイツネタ「JUJU」も登場した特番ニコ生

そんなハブサービスの、タイツネタとギャグの中で最も面白いものを決めるため、年に一度ライブで名作選同士の対決を行う『ハブ1GP』。

ですが、そんなイベントが抱える問題「ハブ1GPにあまりお客さんが来ない」という点を改善するため、毎月行っているニコニコ生放送で、緊急特番が開かれました。

かつてよしもとがニコニコ動画に力を入れていた頃から続く『よしよし動画』にて、『ハブ1GP 2018-2019』のグランドチャンピオンを決めるにあたり、ライブでの開催ネット配信かを世に問うニコ生で、ハブサービス自らが熱弁。

番組冒頭、普段の主催ライブであれば「60人入れば大満足」というハブサービスも『ハブ1GP』だけはそうではないと語ります。

なによりもいちばんの問題は、現在ニコ生でハブサービスのギャグやタイツネタを見ている人が、『ハブ1GP』の会場へ足を運んでいないという事。

そんな彼らに向けて、ハブサービスが「とにかくライブに来てほしい」と2時間かけて懇願した結果、ニコ生のアンケート機能で「ライブに行く」と答えた人が、放送開始と終了間際でほぼ変わらないという惨劇は起きたものの、いかにハブサービスの熱量が高いかを知ることができました。

同時に、たまたま持っていたハブサービス持参のクリアファイルにAbemaノートにYouTubeのロゴが入っていたせいで、ニコ生中に別の配信サービス名がバンバン映る事態となりましたが、それもまたハブサービスのパンクな姿勢を示す一場面となりました。

その一発ギャグのポテンシャルに、見る側がついてきていない現状を打破するまで、ハブサービスには頑張ってほしいと心から願うばかりです。

今年の『ハブ1GP』はネット配信に決定。『よしよし動画』にて、2019/03/24 20:00より配信開始となります。
皆様も、ぜひチェックを!

【動画情報リンク】

・動画名:『ナン
・チャンネルURL:『ハブチューブ HabuTube
・更新間隔:ほぼ毎日
・投稿者Twitter:ハブサービス(@habutube)

あわせて読みたい