元コンマ二センチ竹永よしたか、20年のキャリアを賭けて『R-1ぐらんぷり』1回戦に挑戦する動画

よしもと所属のお笑い芸人、竹永よしたか(元コンマニセンチ)が管理するYouTubeチャンネル『竹永よしたか』に、同氏が『R-1ぐらんぷり2019』1回戦へ挑戦する様子を撮影した動画が公開されました。

『ゲンセキ』からの『10カラット』

竹永よしたかは、かつてコンマニセンチというコンビ名にてTBS『ゲンセキ』で活躍。
『全力兄弟の全力ショートコント』と称した、ネタのオチでパイプ椅子から転げ落ちる芸風を駆使し、注目を浴びていました。

同番組ではオリエンタルラジオ、プラスマイナスらと共に人気を博していましたが、実質の昇格番組とされる『10カラット』が豪快にコケ、時を同じくしてコンビの勢いも失速。

2017年にコンマニセンチは解散し、現在はアルバイトの傍ら、コンマニセンチ時代から続けていたYouTube動画の更新を続けています。

芸歴20年の『R-1ぐらんぷり』挑戦

そんな中、ピン芸人として活動する竹永が参加した『R-1ぐらんぷり2019』
ロバート、森三中と同期だった竹永は、20年の芸歴にかけて1回戦突破を目指します。

今年から、プロのみ参加可能になった『R-1ぐらんぷり』(ただし事務所へ所属していなくてもエントリー可能)。

舞台袖で緊張する竹永の姿や、出番を終えて芸人が控える大部屋で安堵する様子は、別の動画でおちゃらける普段の姿と違い、ピリピリとしたプロの姿を見ることができます。

シアターブラッツ(『R-1ぐらんぷり』1回戦の会場)を後にして、自宅でゆっくり結果発表ページをチェックする竹永の姿はすっかりリラックスした様子になってしまいますが、そのギャップもまた面白いところ。
芸人の陰と陽を一つの動画で楽しむことができます。

かつてのNSC生との会話

そんな中、動画内では仲間の姿も。

竹永が舞台袖でスタンバイ中に声をかけてきたフリーの芸人の雨の叢雲(NSC5期生で竹永の後輩)や、以前組んでいたコンビ『カナリア』では『M-1グランプリ2010』の決勝に進出したこともある、ボンざわーるどと仲良く語らう様子を見ることができます。

「(竹永は)憎まれ役を、買って出てくれていたんですよ」

と親しげに語る雨の群雲や、

「どう? 『R-1』1回戦」

ダメーックス

と、出番前なのに手応えのなさを語るボンざわーるど等、賞レースのひりついた感じとはまた違う雰囲気を楽しむことができます。

普段は半ばYouTuberのように、日常の動画を上げ続ける元コンマニセンチ竹永ですが、時折見せる芸人の顔に、やはりカッコいいと思ってしまう部分も。
はたして『R-1ぐらんぷり2019』1回戦の結果は?

皆様もぜひ、お楽しみください。

【動画情報リンク】

・動画名:『【R-1ぐらんぷり】芸人たるもの恥さらしてナンボ!芸歴20年目のピン芸人がR-1受けた結果がエグかった!【悲報】
・チャンネルURL:『竹永よしたか
・更新間隔:毎日
・投稿者Twitter:竹永よしたか(@tokoton10)

あわせて読みたい