ロバート秋山『ベストスイマー表彰式』で水着姿に

 

6月14日、東京・下目黒で行われた『第19回ベストスイマー2018』の表彰式に、ロバート秋山が女優の仲里依紗・俳優の金子貴俊と共に出席。その模様がJIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュースoriconのYouTubeチャンネルにて公開されました。

 

映像では、仲里依紗が小学生の頃から始めて現在は子供にも教えている水泳の思い出を、金子貴俊が生まれ育った街・目黒で受賞式を受ける喜びを語ります。

対してロバート秋山竜次は「嬉しいですよね、水関連」と、若干ぼんやりした表現で嬉しさを取材陣に伝え「この賞、いちばん嬉しいかもしれないですよね」と褒めたかと思えば「あ、でもキングオブコントが嬉しいかな」と、クライアントへの気遣いをお笑いへの愛で簡単に打ち消します。

水泳の思い出について聞かれた秋山は「相方の馬場が小学校の頃、親が体育の授業に備え海パンを準備したところ、実はそれがブルマと間違えられていたので、仕方なくそれで授業を受けた」というエピソードを披露。取材陣からの笑いを誘いました。

 

取材時、仲里依紗のファッションは赤いチェックの水着の上に、透ける素材で作られたロングジャケットを羽織ったスタイル。

それを目の当たりにした秋山は「水着をファッションに取り入れるっていうの、実は俺もやっていて」と言いながら、おもむろに脱衣。すると服の下で身に着けていたのは、何故か女性用の水着。
堂々と取材陣へ見せつける秋山に「今年はこういうスタイルが流行るかもしれませんね」「とってもロックですもんね」と、仲里依紗・金子貴俊も乗っかりながら取材対応を続けていました。

 

なお、ロバート秋山の『第19回ベストスイマー2018』受賞理由は『自称「市民プール愛好家」というほど水泳好き』『「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」でシンクロナイズドスイミングコーチを見事に演じた』だそうです。

各種、競泳選手を押しのけての受賞でした。

 

【動画情報リンク】

・動画名①:『仲里依紗&ロバート秋山、「水着コーデ」で登場
・チャンネルURL:『JIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュース

・動画名②:『仲里依紗、家族で市民プール利用を明かす ロバート・秋山竜次は大胆水着で好みの女性を語る  『第19回ベストスイマー2018表彰式』
・チャンネルURL:『oricon

あわせて読みたい