チーモンチョーチュウ「将来の夢」というトークテーマからお花屋さんの利益について語り、最終的に白井が腹を出す

 

 

この動画の見どころ

  • 商店街の七夕イベント 4:23~
  • 白井「なりたいものが何も無かった」 5:00~
  • 白井のお腹を披露 9:07~

 

概要

よしもと所属のお笑い芸人、チーモンチョーチュウが管理するYouTubeチャンネル『チーモンチョーチュウチャンネル』に、ライブ中のトークパートを抜粋した動画がアップロードされました。

 

今回公開された動画は『爆ハリ!』という、よしもと幕張イオンモール劇場で定期的に開催されていたネタ+トークライブのトークパートから抜き出されたもの。

子供のころになりたかったものとして、女性はお花屋さんやケーキ屋さんと挙げがちなことに対し、白井は「女性がなりたいものは、よく見たら堅実。お花屋もケーキ屋も超儲かる」と、夢の世界へ生々しい話を持ち込んでいきます。

 

続けて、そこから白井は、

「お花には消費期限がない。だから、展示用のお花など回収して傷がなければ、付け替えて出すから儲かる」

「多肉植物は、葉っぱをちぎると根っこがそこへ向けて伸びてくるので、それを取って別に植えるとまた生えてくる。そうやってお花屋さんは設けている」

と、独自の理論を展開。

 

そういう目線でお花屋さんを見たことがない、と語る菊池に対しても「今日はそういうセミナーじゃないの?」と、ライブ会場の観客を巻き込んで話を進めていきます。

 

続けて、白井自身が昔なりたかったものについての話に。

当時は特になりたかったものがなく、無理やり決めて「ケンシロウになりたい」と言っていた白井。

 

「あたたたたたたー!」の声が高いところしか似ていない、と言う菊池に対し「最近(ケンシロウ)に寄ってきたでしょ?」とアピールするも、イマイチ菊池にもお客さんにも伝わらず、なんだかんだでお腹を見せる流れに。

 

「カブトムシの裏みたい」

「風呂場のタイルみたい」

 

と、いわゆるシックスパックのような腹筋を独特の例えで説明する白井。

 

しかしそこから披露されるのは、ファンにお馴染みのだらしないお腹……。

 

その他、商店街の七夕イベントで笹の葉に飾られていた謎の短冊や、特定の殺虫剤の説明が全く伝わらない様子など、チーモンチョーチュウらしさに溢れたトークパート。

皆様もぜひ、お楽しみください。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『【爆ハリ!】幼い頃の将来の夢、そして今
・チャンネルURL:『チーモンチョーチュウチャンネル
・更新間隔:毎日18時更新
・投稿者Twitter:チーモンチョーチュウ 菊地浩輔(@chimonkikuchi)白井鉄也(@shiraichimon)

 

あわせて読みたい