チョコレートプラネットの6秒クッキング、今回は「パスタの表面を楽しむ」カルボナーラ編

 

チョコレートプラネットのYouTubeチャンネル『チョコレートプラネット 【毎週月曜更新】』に『6秒クッキング』の新作動画が投稿されました。

 

『6秒クッキング』は、元々Vineを意識した企画のもの。

その名の通り6秒で調理を終了させる動画ですが、いわゆる時短料理のようなものではなく、無理やり6秒で調理(のようなもの)を行い「完成しました」と言い張るのが特徴です。

これまで『ピザ』『ガトーショコラ』『恵方巻』などに挑戦し、予想通りの結末を迎えたり、はたまた奇跡を呼び起こしたりしていました。

 

今回も、いままでと同様に事前のシミュレーションからスタート。

 

事前の想定では、

茹で:4秒

皿に移す:1秒

その他:1秒

という計算になるとのこと。

 

「茹で」に時間を消費しすぎじゃないですか? というキッチンジロー(松尾)の指摘に対し、長田は「アルデンテまではいかないものの……」と、6秒ならではの独特な理論を展開します。

 

調理開始前、カルボナーラの要となるタマゴに対して多少のインチキをしつつ調理開始。

 

結果、完成した料理「バリカタパスタ・生卵がけペッパー味」の見栄え、味とは?

「(6秒カルボナーラは)パスタの表面を楽しむ」という、謎理論の意味とは?

 

全てが規格外に進行する『6秒クッキング』。予想外の結末も、見物です。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『【6秒クッキング】カルボナーラ
・チャンネルURL:『チョコレートプラネット 【毎週月曜更新】
・更新間隔:週2回(月・水)
・投稿者Twitter:チョコレートプラネット 長田(@chocoplaosada)チョコレートプラネット 松尾(@chocopla_matsuo)

あわせて読みたい