もりせいじゅ、ガクヅケ木田らが披露する背筋も凍る怪談『恐味心震』

 

浅井企画所属のお笑い芸人『ペッパーボーイズ』の前田かずのしんが管理するYouTubeチャンネル『前田かずのしん』に、ニコ生・FRESH LIVEで配信されている怪談番組『恐味心震』第25~27回分、およびそのライブ版となる『恐味心震LIVE』のアーカイブ動画が公開されました。

 

『恐味心震』は、ペッパーボーイズと心理オントロジスト・流光七奈による心霊オカルトバラエティ。

芸人・アイドル達が披露する怪談や、心霊写真などを中心にトーク形式で構成されています。

 

浅井企画の芸人であるもりせいじゅは、アミー・パーク所属の先輩、satomiから聞いたという、エレベーターに関する怪談を披露。

病院の派遣業務に行った際、オフィスへ顔を出すため建物のエレベーターに乗り4階のボタンを押したところ、なぜか「下にさがります」という機会音声のアナウンスと共に地下2階まで降りていき、霊安室のフロアへ連れて行かれてしまった、との事。

その後、再度4階のボタンを押すと何事も無くオフィスのフロアまで行くことができたのですが、全て終わったあとに気づいた、不可思議な「ある事」があったと彼は言います。

 

果たして、その「ある事」とは?

 

マセキ芸能社所属のガクヅケ・木田が語ったのは、話好きのおじいさんから聞いた心霊治療に関する話。夜行バスに乗って実家の奈良まで帰省していた途中、隣に座っていたおじいさんが「体験談」として語ったというその話は、その舞台が50年前の伊勢神宮にまで遡るのだそうです。

奥さんが病気になった為、伊勢神宮に病気を治す力を持つ女性の神主さんがいると聞き、そこまで連れて行ったところ「夜にまた来てください」と返されてしまったとのこと。曰く、月の明かりの下でないと治療できない、と神主さんは言います。

 

そして再度、夜になり神主さんのもとを訪れた奥さんに処された、驚愕の治療法とは?

 

そのほか、ばくれつパンダ・秦野やアゲイン・ノリ等の怪談も公開された、同チャンネルのアーカイブ動画。

寝苦しい夜のお供に、ぜひご活用ください。

 

【動画情報リンク】

・動画名①:『恐味心震 第27回 もりせいじゅ ~エレベータ~ ※ 音声と映像にラグがございます。ご了承ください。
・動画名②:『恐味心震LIVE ガクヅケ木田 ~心霊治療~ 2018/06/01
・チャンネルURL:『前田かずのしん
・更新間隔:不定期
・公式サイトURL:『恐味心震.com

あわせて読みたい