じゅんいちダビッドソン、日本vsコロンビア戦以降いろんな人から「ありがとう」と言われる

 

6月21日、東京・大崎で行われた男性用ヘアケアブランド『PROTAGA』の新製品発表記者会見にお笑いタレントのカンニング竹山、じゅんいちダビッドソンが出演。様々な意味で会場を大きく盛り上げました。

 

まずは記者会見の冒頭、司会者の女性から呼び込まれてカンニング竹山が壇上に登場。

ヘアケア用の錠剤に関する発表会ということもあり、司会から薄毛をひとしきりイジられてキレる竹山。

そのあと舞台上の立ち位置が違うと指摘され、そちらは素直に従うというボーンヘッドから会見はスタートしました。

 

その後「現在、ロシアW杯で非常に多忙を極める、あの方にお越し頂きました」という紹介と共にじゅんいちダビッドソンが登場。

「本田選手として紹介しようとする自分に、竹山さんがテンションを合わせていない」と、司会者からプロの芸人へ強いダメ出しがあり、そこから「そんな事より、後半で本田選手出てくれてよかったなー」という、竹山からニセ本田選手へ労いの言葉が投げかけられました。

それに対し「ホント良かった」と心から安堵する様子を見せる、じゅんいちダビッドソン。

 

パブリックビューイングで活躍を目の当たりにし、ホッとしていたというじゅんいちダビッドソンは、いろんな人から「ありがとうと言われた」と明かします。

アシストありがとうございます、という応援に対し「こちらこそありがとう」と、本田圭佑として返事をするやりとりを何百人相手にやってきたというじゅんいちダビッドソン。番組の収録をしながら試合を観ていた、という同氏は、

 

「Twitter、LINE、直接お会いした方から『ありがとう』と言われた。この場を借りて言います。俺ではないです」

「その後のパスミスダメだよ、とも言われた。もう一度言います。俺ではないです」

 

とコメント。

W杯特需を全力で味方につける、クレバーなプレイを記者たちに見せつけていきます。

 

そういった軽やかなトークから、サッカー日本代表の必勝祈願として「アシストする本田選手」をじゅんいちダビッドソンが、「大迫のヘッド」を竹山が再現する、という展開に。

司会の女性から「竹山さんは、髪の毛への思いを叫びながらヘッドをお願いします」という謎の提案を出され、結果としてパスを出すボールは浮かず竹山はヘッドどころか普通にキックし、何となくやり直しもせず終わったせいで、このくだり全てがグダグダになるというある種のファインプレーを見せました。

 

記者の囲み取材へ移った際には、じゅんいちダビッドソンの「次のセネガル戦は、1-0で日本の勝利。後半27分、本田圭佑選手が左サイドのこぼれ玉を蹴り込む」と、まるで予言のようなコメント。

 

「このタイミングで僕をブッキングした、この会社は“持ってる”」と断言したじゅんいちダビッドソンは、日本代表と共に今後のメディア出演へ期待が持てる活躍となりました。

 

W杯一次リーグ予選、日本vsセネガル戦の開始時刻は24日(日曜日)24時からスタートです。

 

【動画情報リンク】

・動画①:『じゅんいちダビッドソン、本田選手の活躍で「いろんな方から『ありがとう』」 ヘアケアブランド「PROTAGA」製品発表会1
・動画②:『カンニング竹山、司会にキレる?「お前の何倍も稼いでるぞ!」 ヘアケアブランド「PROTAGA」製品発表会2
・動画③:『じゅんいちダビッドソン、セネガル戦は「1-0で日本勝つ」

 

あわせて読みたい