『M-1』3回戦で爆笑を取った『怪奇!YesどんぐりRPG』のネタ動画公開も、なぜか河川敷でプレイヤーチェンジ

『M-1グランプリ2018』3回戦を大きく騒がせた、話題のユニット『怪奇!YesどんぐりRPG』の、不思議なネタ動画がYouTubeチャンネル『akito yes』にアップロードされました。

プレイヤーチェンジ……、プレイヤーチェンジ……、

akito yes』は、フリーのピン芸人、Yes!アキトが管理するYouTubeチャンネルです。

東京のライブシーンでは屈指の実力を持つギャガーとして知られ、普段は関東近郊のライブのほか、今回のユニットメンバーであるケイダッシュステージ所属のサツマカワRPGどんぐりたけしと共に『ミルク工房うし』などのユニットライブを行なっています。

今回投稿された動画は、そんな『怪奇!YesどんぐりRPG』が『M-1グランプリ2018』の予選で披露した漫才(?)

サツマカワは以前にも、よしもと所属のピン芸人であるTEAM近藤と共に『TEAMサツマカワ』というユニット名で『M-1』の予選を荒らしに荒らしていました(舞台に出た瞬間にゃんこスターのネタを丸パクリするくだりは死ぬほど笑いました)が、今回も漫才の大会でギャグメインのネタを披露していきます。

なぜか河川敷。なぜか1台だけカメラの性能が良い。

ネタ動画ですが、収録はなぜか屋外。

複数のカメラが、3人を様々な角度から撮影し、躍動感のある映像を映していきます。

『M-1グランプリ』の舞台で披露した彼らのネタは、ギャグの連発。
しかし、そこにはしっかりと構成があり、どんぐりたけしの自己紹介ギャグが様々な形でねじ込まれてきます。

そして、どんぐりたけしの暴走には一切構わず、しっかりと質の良い、地力を感じさせる面白いギャグを披露していくサツマカワとYes!アキト。

「これが漫才を競う大会の予選で披露された」という点のみが全くもって不可解ですが、仕方ありません。
めっちゃウケてましたし。

個人的には、Yes!アキトのギャグでも特に人気の高い『ダブルパチンコ』が高画質で撮られていて嬉しいところ(逆に3回戦で披露していたはずの『陰陽師』が無くなっていて、個人的に残念でした)。

GYAO!で見られたあのネタとはまた違った、衝撃のラスト

そして、特筆すべきはネタのラスト。

『M-1』3回戦で会場を騒然とさせたラストから変更されていますが、こちらもまた異様な展開となっています。

たぶん漫才ではないですし、おそらくコントでもないです。たぶん。

最後まで見るものを飽きさせない、新世代のホープ。
Yes!アキトと、どんぐりたけしのギャグ、そしてサツマカワRPGのショートコント。

皆さま、今後ともご注目ください。

【動画情報リンク】

・動画名:『絶叫系ギャグ集団 怪奇!YesどんぐりRPG プレイヤーチェンジ
・チャンネルURL:『akito yes
・更新間隔:不定期
・投稿者Twitter:Yes!アキト(@yumeakito)サツマカワRPG(@satsumakawarpg)どんぐりたけし(@c_tkc)

あわせて読みたい