「できるだけ、おもんない子を選びたい」鬼トレーナー小藪・村田の笑イザップ始動

 

スマホアプリ『大阪チャンネル』の新しい映像コンテンツ『笑イザップ』のトライアル版動画が、YouTubeの公式チャンネルにて公開されました。

 

トレーナー小藪千豊「できるだけ、おもんない子を選びたい」

『笑イザップ』は、動画冒頭の解説文によると、

「笑いが取れない若手芸人を、独自の短期集中プログラムで1か月間トレーニングし、面白い芸人に成長させるドキュメンタリー番組」。

まだまだ発展途上の若手に対し、お笑いの凄腕トレーナーがトレーニングを施す動画となっています。

 

第1回目のトレーナーは、とろサーモン村田と小藪千豊。

「視聴者の皆さんは、お前が売れてへんやん、お前がおもんないやん、みたいな書き込みもあるでしょうけど」

という、小藪の過度に卑屈な態度から始まったものの、同時に『人志松本のすべらない話』のMVS3回獲得を筆頭に、よしもとの中では結果を出しているほうだと嘯きます。

 

また、今回選抜する芸人についてへ話が及ぶと、トレーニングの結果を分かりやすくするためにも、

「できるだけ、おもんない子を選びたい」

と、意気込みを見せました。

 

「どうせ忘れるような名前聞いてもしゃーない」

今回『笑イザップ』を希望したのは、よしもとの若手芸人31名。

NSCを卒業してすぐの超若手から、キャラが迷走している9年目の芸人まで、様々な人間がオーディションを訪れました。

 

審査方法は、1分間で本人たちが思う鉄板トークを披露してもらい、そこからチェックしていくというもの。

面接会場で芸人たちを待つ小藪は、入ってきた芸人に対し、

 

「自己紹介はいいので。どうせ忘れるような名前聞いてもしゃーない」

 

と、さっそく鬼トレーナーとしての片鱗を見せます。

 

赤ちゃんを泣き止ませた話の設定が「嘘やん」

様々な話を聞く中で小藪が引っかかったのは、芸歴3年のヒロカズ劇場の「友達の赤ちゃんをあやした話」。

 

普段から自分でオペラを作って歌うネタをやっている、と語るヒロカズ劇場。

先日、女友達に「赤ちゃんできたから見にきて」と言われて伺うと、途中で粉ミルクを買うためお母さんが外出。

赤ちゃんと子どもと1対1になってしまった状態で赤ちゃんが泣き出してしまい、どうにか泣き止ませようと自作のオペラを歌ったところ、ビクついたような表情を見せて泣き止んだ……、という話を披露していました。

 

これに対し小藪は、

 

「俺は、子どもおるからすごい気になった。奥さんと赤ちゃんがおって、この子が1人で行ってる時点で「えっ?」ってなる」

「嘘やんってなる」

 

と、一刀両断。

嘘で作ったフリートークと、それによって出世することを「ジェンガで作った城」に例え、

 

「嘘ついてウケると、また嘘ついてまう。嘘のジェンガでどんどん抜けてって、ガラガラですよ」

「シャブと嘘のトークだけは、絶対に手を出したらアカン。やめられへんようになるもん」

 

と、厳しいチェックが入ります。

 

いちご大福、茨城の女ヤンキー、後輩の初体験……

その他、パン工場で働いていた際にいちご大福の検品を行ったトークを独特のトーンで喋る男、茨城の女ヤンキーと五分五分の勝負をした女性芸人、ナンパに成功した後輩の様子を盗み見ていた男の話など、荒削りなトークを見定めていく小藪と村田の目線が気になる今回の動画。

 

YouTubeの他、スマホアプリ『大阪チャンネル』では完全版も公開中。

もし気になった方は、ぜひともチェックを。

 

【動画情報リンク】

・動画名:『笑イザップ #1 トライアル版
・チャンネルURL:『大阪チャンネル公式
・更新間隔:不定期

 

あわせて読みたい